バブル以降の雇用の変化


本来、正社員の特徴でもあった終身雇用、年功序列。
この特徴は、バブルの時代からバブルがはじけるまで目立っていました。

しかし、バブルがはじけて日本に不景気が訪れると、終身雇用や年功序列といった制度への批判が大きくなり、成果主義が尊重されるようになりました。
もう一つの問題として、リストラが登場しました。

リストラは、組織を再構築するために余分なものを切り捨てるやり方です。
コスト削減を考え、正社員を解雇したりします。
リストラや、年功序列での給与や役職の上昇を廃止して、成果主義での給与、役職の上昇を行う会社が次々に登場してきました。

また、新卒の正社員採用にも影響を及ぼしており、新卒採用の見直し、募集人数の大幅縮小といったマイナスの動きが活発になりました。
このような事態が起こり、会社は自分の身をいつまでも守ってくれない。という気持ちが芽生え、契約社員や派遣社員などが人気を高めました。
いつ解雇されるか分からない現代です。

Comments are closed.